Jリーグ好きのサッカーブログときどき鹿

Jリーグを中心にサッカーやtotoのことについて書いていきます。一応鹿島ファン。

Jリーグ中断明け。新戦力は・・・

 昨日、2ヶ月の中断を経て、ようやくJリーグが再開されました。

 

 期待の新戦力、神戸のイニエスタ鳥栖トーレスはというと、残念ながら出番はありませんでした。まあコンディションや連携の問題、そもそも登録の問題などもありますので、難しかったでしょうね。イニエスタはW杯も出てたわけだし。

 

 磐田に移籍した大久保なんかも登録が間に合わなかったようで、ベンチ外でした。他のチームでも、新戦力のお披露目はなく、ちょっと残念。

www.nikkei.com

イニエスタに至っては、来日の日が試合開催日だったようですね。22日にホントに出れるのかな?

 

 

下記はピックアップした試合のレビューです。

 

仙台 2 ー  8 横浜

 

 このカードがもっとも衝撃的な結果になったのは意外です。仙台ホームでこんなに失点するところは見たことがありません。なんだか後に引きそうな負け方ですね。前半4失点で後半も修正できていないので。

 今年の横浜は結構どかっと点を取る試合が多い気がします。一方で、0点に抑える試合が少ないです。チームのバランスを変えたのでしょうかね。塩試合が減るのは見ている分には面白いですが。

 

清水 3 ー 0 C大阪

 

 清水が完勝という結果になりました。セレッソはチームスタイル的に夏に弱い面もあるのですが、さすがにこれだけ離されての負けはどうなんでしょうね。夏の移籍で柿谷がガンバに移籍するなんて報道もありましたけど、チームのモチベーション的な面が気になります。

 

 

磐田 3 ー 3 鹿島

 

 選手も言っているように、鹿島としては悪くない試合だったと思います。3失点はしましたが、失点したのは全部19歳の町田のあたりからなので、昌子が復帰してくれれば防げる部分もあったでしょう。町田はまだまだ経験不足でしょう。

 攻撃面では、金崎、レアンドロが不在の状況でも3点を奪えていますので、まあ悪くないですし、全体的に狙い通りの試合はできていたのだと思います。

 

 鹿島で気になるのはジーコのTD就任でしょうかね。なんでこの時期に?って思いましたが、レオシルバいなかったですし、レアンドロ帰国と、ブラジル人とのコミュニケーションに問題があると推察されます。もっと深刻な問題があったりするかもしれませんが、そうでないといいんですが・・・

 

 磐田の方はというと、3回リードを奪いながら守り切れなかったのは、やはり良くなかったと考えるべきでしょう。鹿島にキープされる時間が長かったせいか、いまいち磐田のプランというものが見えなかった部分があります。

 効率的に得点を重ねたのは好材料ですけど、引いて守ってカウンターでは完全に弱者のサッカーですし、失点も多いのでこれでよかったのかは疑問。

 

ただ、磐田のダイレクトでクロスを上げてくるサッカーと、2列目から選手が飛び出してくるスタイルは、鹿島もマネしたらいいのにと思わず羨望の目で見てしまった。

 鹿島の攻撃ってどうも相手を見てから動くようなところがあって、スムーズにパスが回らないことも多くて、結構もやもやすることが多いんですよね。なんだか杓子定規というかパターン化されているプレイも多く、相手としては読みやすいんじゃないかと思います。

 後ろ向きにボールを持つシーンも多いですし、比較的キープしやすいサイドでのプレーばかりで、肝心のバイタル付近でのプレーが少ないため、あまり脅威を与えられていないように感じています。

 

 

 

 

トーレス、イニエスタなどJリーグ2018年夏の移籍まとめ

フェルナンド・トーレスの移籍が決まりましたね。

 

一時はJリーグのフライング発表に不振感を抱いたとかで破談になりかけましたが、なんとかまとまったようです。

Jリーグに大物が来てくれるのは、いちファンとして素直に嬉しいです。

 

www.soccer-king.jp

 

以下、夏の移籍市場を、動きの大きかった3チームを中心にまとめました。()は移籍元・移籍先です。

 

1.ヴィッセル神戸

  IN ← アンドレア・イニエスタFCバルセロナ、大崎玲央(徳島)

  OUT → ハーフナー・マイク(仙台:期限付き)、レアンドロ(東京V)、チョン・ウヨンアル・サッド)、小川 慶治朗(湘南:期限付き)

 

 今夏一番のビッグネーム、イニエスタの加入がありましたが、流出も多く戦力の積み上げとは言えない一面もありますね。特にDMFのチョン・ウヨンは今年冬に中国から獲得したばかりなのに、いいんでしょうかね。守備面は課題だと思うんですが。

 もしかしたら、外国人枠の整理をしたいという思惑もあるのかもしれませんが。だとすると、来年再びビックネームの獲得があるんでしょうか。ちょっと期待しちゃいます。

 

2.サガン鳥栖

 

  IN ← フェルナンド・トーレスアトレティコ・マドリード豊田陽平蔚山:期限付き満了)、乾大知(長崎:期限付き)

  OUT → 水野晃樹(熊本:期限付き)

 

 なんといってもフェルナンド・トーレスの加入が大きいですね。前半戦はイバルボが集中マークされて自由にプレイできないシーンも結構みられましたが、マークの分散で相乗効果が出る可能性はあります。豊田の復帰もあり、FWには不足しませんね。

 ところでイバルボは4年前のW杯で日本と対戦していたんですね。このあいだしりました。代表ではあまりゴールを決めてないようですが、まあストライカーという感じの選手でもないんですよね。

 

3.名古屋グランパス

  IN ← エドゥアルド・ネット(川崎)、中谷進之介(柏)、丸山祐市FC東京

  OUT → ワシントン(契約解除)、松本(相模原:期限付き)

 

 ボランチにCBと、リーグ最多失点の汚名を返上すべく、大胆に補強をしてきました。特に昨年の川崎の優勝メンバーのネットを引き抜けたのは大きいんじゃないでしょうか。風間監督がひっぱってきた、ということなんでしょうかね。かなり意外で、驚いた移籍でもあります。

 

その他

 

浦和 : IN ← ファブリシオポルティモネンセ

 かつて鹿島に所属していて、クラブワールドカップにも出場してました。ポルティモネンセでは中島翔哉と共に結構活躍してたみたいなんですけど、日本でプレイしたかったのか条件が良かったのか、オリベイラが誘ったのか。鹿島ではあまり活躍はしてませんでしたが、フィットすれば能力はある選手です。

 

川崎F : OUT → 大久保嘉人(磐田)、エドゥアルド・ネット(名古屋)

 出て行く選手のみで特に補強はありません。大久保は年齢もあり中心選手というわけでもないですが、ネットは出しちゃって良かったんでしょうかね。

 

G大阪 : 矢島、泉澤がレンタル移籍での放出。なんかおっさんばっか残っているような。それともユース選手を育てる方針だったりするんでしょうかね。

 

横浜FM : デゲネクがセルビアのチームへ移籍

 

FC東京 : 甲府より仕上げのリンスが加入。前述のとおり丸山が名古屋へ移籍

 

C大阪 : メルボルンよりピアス・ウェリングが加入。謎の外国人。身長191cmだそうです。

 

長崎 : IN ← ヨルディ・バイスシドニーFC

     OUT → 乾、田代、ベン・ハロラン、碓井

 

徳島(J2): IN ← ピーター・ウタカ 、 OUT → 大崎玲央(神戸)、山崎(湘南)  

 ウタカの獲得は大きいですね。一方、昨年末から選手の流出が多い点は気になりますが。

 

福岡(J2): IN ← レオ・ミネイロ、吉本 、OUT → デ・メロ、エウレー

 

 

以上です。夏なので全く動きのなかったチームも結構ありますね。

いよいよ来週末からJ1も再開されます。待ち遠しい!

 

 

日本敗退、惜しかったけどでもやっぱり・・・

ロシアW杯 決勝トーナメント 1回戦

日本 2 ー 3 ベルギー

 

これまでブログでは結構批判めいたことも書きましたが、いい試合だったなと素直に思いました。

 

負けた選手達は本当に悔しいでしょうね。2−0は危険なスコアとよく言いますが、その通りになってしまいました。

 

最後の本田のフリーキックにはカペッロが批判しているようです。

www.footballchannel.jp

でも個人的に、同点で延長戦を戦ったとしても、結局逆転されてしまったんじゃないかと思っています。

 

日本はもう体力があまり残ってなかっただろうし、交代枠が残っていたとはいえ、控え選手が出てきて、状況が変わったと思えませんし、だから西野監督も使わなかったんじゃないでしょうか。

 

もしかしたら延長で仕掛けるために温存しておいたという可能性もありますが、だとしたら監督のミスですね。そもそもセネガル戦も交代が遅く、運動量が低下してきたところで失点していますし、あの時間帯には何か手を打たないといけなかったと思います。

 

でもそれはそれとして、ベルギー戦後に思ったのは、この戦い方じゃベスト16が限界じゃないか、ってことです。

 

今の日本代表は、点は取れるけど、守れないチームなんです。その守れない部分を前から全員で走ってチームで守備するから、それができてるときは守れるんですけど、疲労とかミスとか3点目の早いカウンターとか食らった場合に対処できないんです。

 

おまけに海外の選手は190センチオーバーの選手も結構いますし、フィジカル面で日本の選手は劣ります。(あと余談ですが、日本の選手はクリアがヘタなのか、小さいクリア多く失点に繋がっているのは改善できないのか、と思いながら見ています。セネガル戦の1失点目とベルギー戦の1失点目)

 

あと、セル爺も言うように、あの2−0の場面でこそパス回ししたら良かったんでしょうね。

headlines.yahoo.co.jp

あと植田を使えばってのも同意。西野監督は植田を使うフォーメーションを作れなかったのか、またはW杯初出場となる点をリスクと考えたのか、どうなんでしょうね。

 

植田だけでなく、他にもベンチに座っていた選手がいましたし、交代枠は余っていたのに起用しなかったのは、どちらかといえばできなかったんじゃないかと思ってます。メンバー選考をミスったと言ってもいいと思う。最初に3バックをやりたいと言っていたせいもあるかもね。

 

1勝しただけってのはその通りだね。

www.sponichi.co.jp

 

 

さて、もう次の監督人選が始まってるようですね。

headlines.yahoo.co.jp

僕は次も外国人の監督がいいと思ってます。そして守備の改善をして欲しい。最近の日本代表は守れないですよ。4年前もそうだったでしょ。2−3のシーソーゲームは見てる方は面白いけど、勝ち負けの部分では厳しいことも多い。特にワールドカップみたいな真剣勝負の大会では。

 

1−0で勝てるチームを作って欲しいんですよね。でも協会やスポンサーやサポーターがゆるさないんだろうな。その辺も日本サッカーの未熟なところなんだろうかね。

  

 

www.soccer-king.jp

昌子はこんなこと言っているけど、今回のメンバーの中で彼が一番予想以上の活躍をしたと思います。ルカクをマンツーで押さえる力はまだないけど、今後に期待します。

 

次のワールドカップもディフェンスラインは同じでもいいんじゃないでしょうかね。もちろん台頭してくる選手が出てくるのはうれしいことですけど。

オフェンス陣は中島あたりが乾の代わりに台頭してくるかどうか。大迫はまだまだやれるでしょうけど、バックアップの選手は出てきて欲しいですね。ボランチは三竿の成長に期待したいです。タッパのあるボランチが1枚くらいは欲しいですからね。あとなんと言ってもGKです。世界レベルのGKに育つ選手出てこないかなぁ。

 

と、次のワールドカップが早くも楽しみになって来ました。

 

これでいいのか日本代表

ポーランドに敗戦も決勝トーナメントに進んだ日本代表ですが、試合終盤でのパス回しには批判の声もあるようです。

www.jiji.com

アンチフットボールってのはまあ正当な批判でしょう。ロシアがやたら厳しく文句を言ってくるのは開催国だからサッカー自体の面白さが一番重要だからってことでしかない。

 

僕は問題はそこじゃなく、そもそもそういう状況に陥ってしまったこと自体が問題だと考えているので、最後のパス回し自体には、まあ残念くらいにしか思ってません。

 

他の国だって同じ状況に置かれたら、同じ戦法をとった可能性はあるでしょう。でも他力本願過ぎるよね。それだけじゃなく、この試合は全体的に低調で、ポーランドも別によくなかった。これまで2連敗しているだけあるし、コロンビアに3−0で負けたのもうなずける。日本がそれ以上によくなかったんだけどね。

 

日本が決勝トーナメントに進めたのは、コロンビアのおかげじゃん?みたいな感じになったし、何より第一線、第二戦で高まった日本サッカーに対する期待がしぼんでしまった様に感じる。

 

これで決勝トーナメントに出てもな、次で負けたら結局今までと変わらないって事になる。この八年間で日本のサッカーは何も成長しなかったって事になりません?

 

大幅にターンオーバーをしたものの、試合では機能しなかった。ベルギーもイングランド戦でターンオーバーをしている関係上、コンディション面での優位はない。

 

ベルギーは第三戦の時点で決勝トーナメント進出が決定していたか、別に負けてグループリーグ2位でもよかったし、むしろそっちの山の方が楽だったとも言える。この試合はどちらもベンチの選手にチャンスが与えられたんだけど、アピールしたい選手の気持ちもあるだろうし、なかなか見所のある試合だった。

 

一方日本のターンオーバーははっきり言って機能していなかった。一番問題にすべき点はそこじゃないかなと思っている。長友がスタメンが漏れていたと報道陣に苦情を言ったようだけど、影響はなかったんじゃ無いかと思う。

headlines.yahoo.co.jp

事前番組でもアンカーを入れた4−3−3スタイルにするんじゃないかとか、酒井高徳ボランチに入れて柴崎がトップ下に入るんじゃないかとか、日本のコメンテーターでさえ混乱していたくらいだから、ポーランドが特別な対策を施すリスクは犯さないだろうと思うし、危険だと感じる選手がベンチにいたからかえって楽だったんじゃないかな。

 

西野ジャパンは運で勝ち進んだ感じがやっぱり否めない、ということがポーランド戦ではっきりしてしまったし、ベンチの選手のプレーの質はやっぱり良くない。少なくともベスト16レベルではないという結論は性急だけど、そういう論調になってしまうのもやむなしかなとおもう。

個人的には第三戦の西野采配は”失敗した”という印象。フェアプレーポイントとか他会場の結果を意識しすぎて自分たちのすべきことを見失ったように思える。それに決勝トーナメントを意識したのならなおさら岡崎を無理して先発させたのは理解できない。本田を入れた4−2−3−1の方がまだ良かったと思う。守備面に不安があったのかもしれないけど、それを言うならそもそもの選出メンバーに問題があったんじゃないか。右サイドに本職じゃない酒井高徳を使ったくらいだし、いざって時に使える守備的なDMFもいないんじゃね。大島はケガがあったにしても、遠藤と植田は何のためにいるんだかよく分からなくなっている。これだったら久保裕也を呼んでおくべきだったと思うし、なんで宇佐美をえらんだのだかよく分からない。やっぱり西野監督は運があっただけにしか思えない。

 

要するに、決勝トーナメント進出という”結果”は出たにせよ、「日本のサッカーこれでいいの?」っていう、先の見えなさが露呈してしまったというか、コロンビア戦の勝利で一旦棚上げにしたことがもう一度顔を出してきたんじゃないかな。そもそもこれだったら監督はハリルでも良かったと思うし、これからどうすんのって思いが強くなった。若い選手もいないし、これで代表引退する選手もいるだろうし。

 

いまから次のワールドカップのことを考えても仕方ないんだけど、せめて協会や関係者は考えていて欲しいと思うんだけど、あまり期待しない方がいいのかな。

 

幸運に恵まれた日本代表、一方totoは初の3億円超え。

日本勝ちましたね。

 

前半3分に相手が退場するというラッキーさはありましたが、予想外の勝利。

まあ100回に1回くらいの幸運に恵まれました。

 

試合では大迫が決勝ゴールを決め、カルロス・サンチェスの退場と先制点につながるプレーを見せました。個人的には大迫がMVPだと思います。

 

大迫は他の場面でも、よく走ってチームに貢献していましたし、特に競り合いに勝っていたのが印象に残りました。今の日本の攻め方だと、やっぱり大迫がいないとボールを当てるところがなくなってしまい、うまく機能しなくなるような気がします。

 

しかし数的優位となった後は、あまりよくなかった。

 

コロンビアは選手退場後もすぐには選手交代をせず、守備にも結構穴があったにもかかわらず、なかなか追加点を奪えませんでしたね。

 

失点したフリーキックの場面ではこんな話も・・・

headlines.yahoo.co.jp

ワールドカップ初出場の昌子も落ち着いた安定の守備でしたが、やっぱりコロンビアが11人だったらもう1失点くらいしてるんじゃないかなという懸念はあります。

 

後半は少しよくなったと思いますけど、決勝点もセットプレイですし、なんにせよ90分以上10人対11人でやっていたので、普通の試合として評価するのもどうかと思います。

 

あと勝ち点2とれば決勝トーナメント進出は確実ですが、2敗すると敗退してしまうのであと二つの試合もきっちり勝ち点を取っていかないといけないです。

 

まあなんにせよ油断せずに次の試合も戦ってほしいなと。

 

 

ちなみにtotoを買っていたんですけど、4つはずしでした。

 

今回のtotoではついに3億円超えの当選がでたようです。

http://sport-kuji.toto-dream.com/dci/I/IPB/IPB01.do?op=lnkHoldCntLotResultLsttoto&holdCntId=1015

 

結構波乱があったので、そのせいもあるでしょうかね。

 

なんにせよ、うらやましい。

西野ジャパン初勝利。でもパラグアイって・・・

西野ジャパンがパラグアイに4対2で勝利しました。

 

で、前回のブログと同様に試合のインタビューを書き起こしてみました。

西野監督です、4対2という結果を受けて

そうですね、過去2試合同じ状況で前半折り返して、まあそこでやはり攻撃的にいかないといけないんですけど、まあその中でディフェンスはしっかりできていたので、ハイリスクをもたない中でボールを奪って、まあ落ち着いて入ろうと。ただやはりゴールに向かっていかなければいけない。そういうバランスと推進力がよく後半はでたなと思います。

ー攻撃の厚みという点ではどうだったでしょうか

ただ縦に急ぐということだけではなくて、しっかりボールを保持しながら、まあタイミング・状況みてそういう縦の攻撃ができましたので、しっかり崩してた中で攻撃に飛躍(?)というのが非常によかったかなと思います。

ーとくに乾の2得点というのはどうでしょうか

前半はずしまくってて、後半重りはずせって。スパイクも変えてよかったんじゃないでしょうか。

ー改めて、乾のプレースタイルは日本にどんな力をあたえてくれますか

いや、もっともっとボックスにドリブルでしかけていく、そういう彼のよさをもっと出さなきゃいけない。そういう仕掛けの部分を後半も強く求めて、まあ前半の修正をよくしてしっかりフィニッシュにもっていけたかなと思います。

ー香川選手が1得点1アシスト。途中右サイドでの起用もあったが、香川のプレーはどうだったか

まあ点を取りにいきたかったので2トップに変えてシンジをボックスの右サイドに出しましたけど、そこはかなりディフェンスを求められるポジションなので、そういうなかでも守備と攻撃に関しては入っていた


ーワールドカップまであと1週間ですが、課題という点ではどういうところがあるか

1試合1試合ポイントをしっかり持ちながら、攻守に修正はできていますので、今日起用できなかったメンバーもこのアグレッシブさをっていうのをしっかり捕らえて、わずかですけどいい準備をしていきたいと思います。

ーありがとうございました

 

前回のスイスとの親善試合後のインタビューと比べるととても饒舌で、しっかりした内容の受け答えです。まあ勝ちましたからね。初勝利ですし。

 

個人的には最後の「今日起用できなかったメンバーもこのアグレッシブさっていうのをしっかり捉えて〜」の部分に注目したい。

 

わざわざインタビュー持ち出してまで、ある種の選手批判というほどではないかもしれないけど、監督のメンバー選考に関しての意思表示ともとれるような発言をしています。

 

本番でも今日のメンバーが中心になる可能性はあるでしょう。

 

試合後の会見でも手応えを感じているようでした。隠している部分ってなんだろう。

russia2018.yahoo.co.jp

 

しかし個人的には気になる点もあります。

 

まずやはり守備の問題。

 

相手のシュートが良かったというのもあるけど、本番でも当然レベルの高い選手が出場してくるので、あのレベルのシュートは飛んでくるでしょう。

 

それと、インタビューなどで西野監督の言っている守備というのは全体的な、前からの追い方とかそういう意味での守備で、実際に失点しているのは局面の寄せが甘かったりとか、FKやPKを与えてしまったりしていることに起因していて、こういう点は改善があまり簡単にはいかない部分でもあると思うので、やはり守備面については心配。

 

もう一つ。

 

パラグアイに勝ったとはいえ、対戦相手はワールドカップに出場しないチームで、正直プレスが緩かった面もあったと思う。モチベーションもそんなに高くなかっただろうし。

 

見ていても今ひとつ迫力がないというか、GKの引退試合も兼ねていたりと、マッチメイクとしてあまり良くはなかったように思う。まあ本番前にボコられるよりはいいのかもしれないけど。

 

結果勝ててこのチームの形が見えてきたのはよかった。でも本番まであと1週間しかないんだよね。

 

乾と香川はいいコンビなんだろうけど、本番ではもっとタイトな厳しい守備をしてくる事も予想されるので、パラグアイと同じようにはいかない時もあるだろうし、そうなったときにどういうサッカーをするのかは見ていきたい。

 

 

試合後には若干デジャブ感があった。

 

ザック時代の親善試合では調子良いんだけ、本番では全然ダメっていうあれです。

 

そうならないといいなと思う。

 

スイスに敗戦の日本代表、西野監督は無関心?

スイスに敗戦した日本代表ですが、個人的には西野監督が一番気になります。

 

彼がどのようなプランや目標をもってこの仕事に挑んだのかとうことについて、いちサッカーファンとしても何かしらの得心をえたいと思っています。

 

そもそもが全ハリルホジッチ監督の解任事態がいまいち明確な理由もなく解任されている現状で、サッカー協会にちゃんとしたプランがあって行動に移したのか、それとも報道でもあったように、スポンサーの圧力や一部の選手を優遇するための策なのかははっきりしておくべきです。(まあスポンサー関連であれば協会は逃げ回るかハリルや誰かに責任をなすりつける以外に選択肢はないでしょうが。)

 

結果が出た後に、なんらかの発表はあるものと思っているんですがどうでしょうね。

 

ハリルが爆弾を抱えていたという記事も見たんですけど、これで協会やスポンサーが爆弾を抱えた状態になっているのではないでしょうか。

 

同じ予選敗退であるならば有名選手が出場した方が宣伝効果や納得感はあると判断したのかもしれませんが、かえって不要なリスクを抱え込んだ可能性もありそうです。まあ負けたとしても、スポンサー批判にまで及ぶかどうかは分かりませんが。

 

で、本題の西野監督についてですが、私にはどうも彼が無関心とうか投げやりというか、少なくとも結果にこだわる姿勢がないように見えます。

 

ちょっと試合後のインタビューを書き起こしてみたので引用します。

 

ー日本代表、西野監督です。(中略)敗戦をどのように受け止めていますか。

やっぱり得点が取れなかった、まあかたちは作れていたので、うーん、最期の迫力というか、うーん、形はできていると思います

ーボールを運ぶところはできていると思いますが、後はその先なんですが

 そうです。サイドまでは侵入できているんですけど、スイスもセンターが強いので、まあ何か変化がないと崩れない気がしました。

ー試合前に攻守の切り替えについて話していたが、どうだたか。

 それは非常によかったとおもいます。攻撃から守備に変わる、ハイプレスをかけながらボールを奪うとうところは狙い通り、守備に関してはよかった。ビルドアップもよかった。まあ最期はガーナ戦と同じ決定力。そこに尽きる。

ーあと強化試合ひとつでコロンビア戦を迎える。どうチームを導いていく?

まあ選手には、バックアップの選手の充実も大事なので、パラグアイ戦は今日のバックアップのメンバーで、起用すると思います。

ーありがとうございました。

 

 「形はできていると思います」とか「まあ何か変化がないと崩れない気がしました」とか、最後にはよく聞く決定力不足です。

 

さらに「どうチームを導いてくのか」というインタビュアーの質問に対して、「今日のバックアップメンバーを起用する」とう的はずれな解答。しかもそれはすでに別のインタビューで言っていた内容の繰り返し。

 

なんだか心ここにあらずなようにも見えました。

 

原因があいまいな解任からの監督決定で、結局何が悪かったのかがはっきり納得のいく形では明らかにされませんでした。

 

結果として選手の側にも、何を捨てて、今後どういうサッカーをしていくのかがはっきりとしないのではないか。そして半ばお飾りの西野監督としてもモチベーションが上がらないし、そんなだから余計に選手との信頼も生まれないし、具体的な取捨選択ができずにいるというのが現状ではないでしょうか。