Jリーグ好きのサッカーブログときどき鹿

Jリーグを中心にサッカーやtotoのことについて書いていきます。一応鹿島ファン。

西野ジャパン初勝利。でもパラグアイって・・・

西野ジャパンがパラグアイに4対2で勝利しました。

 

で、前回のブログと同様に試合のインタビューを書き起こしてみました。

西野監督です、4対2という結果を受けて

そうですね、過去2試合同じ状況で前半折り返して、まあそこでやはり攻撃的にいかないといけないんですけど、まあその中でディフェンスはしっかりできていたので、ハイリスクをもたない中でボールを奪って、まあ落ち着いて入ろうと。ただやはりゴールに向かっていかなければいけない。そういうバランスと推進力がよく後半はでたなと思います。

ー攻撃の厚みという点ではどうだったでしょうか

ただ縦に急ぐということだけではなくて、しっかりボールを保持しながら、まあタイミング・状況みてそういう縦の攻撃ができましたので、しっかり崩してた中で攻撃に飛躍(?)というのが非常によかったかなと思います。

ーとくに乾の2得点というのはどうでしょうか

前半はずしまくってて、後半重りはずせって。スパイクも変えてよかったんじゃないでしょうか。

ー改めて、乾のプレースタイルは日本にどんな力をあたえてくれますか

いや、もっともっとボックスにドリブルでしかけていく、そういう彼のよさをもっと出さなきゃいけない。そういう仕掛けの部分を後半も強く求めて、まあ前半の修正をよくしてしっかりフィニッシュにもっていけたかなと思います。

ー香川選手が1得点1アシスト。途中右サイドでの起用もあったが、香川のプレーはどうだったか

まあ点を取りにいきたかったので2トップに変えてシンジをボックスの右サイドに出しましたけど、そこはかなりディフェンスを求められるポジションなので、そういうなかでも守備と攻撃に関しては入っていた


ーワールドカップまであと1週間ですが、課題という点ではどういうところがあるか

1試合1試合ポイントをしっかり持ちながら、攻守に修正はできていますので、今日起用できなかったメンバーもこのアグレッシブさをっていうのをしっかり捕らえて、わずかですけどいい準備をしていきたいと思います。

ーありがとうございました

 

前回のスイスとの親善試合後のインタビューと比べるととても饒舌で、しっかりした内容の受け答えです。まあ勝ちましたからね。初勝利ですし。

 

個人的には最後の「今日起用できなかったメンバーもこのアグレッシブさっていうのをしっかり捉えて〜」の部分に注目したい。

 

わざわざインタビュー持ち出してまで、ある種の選手批判というほどではないかもしれないけど、監督のメンバー選考に関しての意思表示ともとれるような発言をしています。

 

本番でも今日のメンバーが中心になる可能性はあるでしょう。

 

試合後の会見でも手応えを感じているようでした。隠している部分ってなんだろう。

russia2018.yahoo.co.jp

 

しかし個人的には気になる点もあります。

 

まずやはり守備の問題。

 

相手のシュートが良かったというのもあるけど、本番でも当然レベルの高い選手が出場してくるので、あのレベルのシュートは飛んでくるでしょう。

 

それと、インタビューなどで西野監督の言っている守備というのは全体的な、前からの追い方とかそういう意味での守備で、実際に失点しているのは局面の寄せが甘かったりとか、FKやPKを与えてしまったりしていることに起因していて、こういう点は改善があまり簡単にはいかない部分でもあると思うので、やはり守備面については心配。

 

もう一つ。

 

パラグアイに勝ったとはいえ、対戦相手はワールドカップに出場しないチームで、正直プレスが緩かった面もあったと思う。モチベーションもそんなに高くなかっただろうし。

 

見ていても今ひとつ迫力がないというか、GKの引退試合も兼ねていたりと、マッチメイクとしてあまり良くはなかったように思う。まあ本番前にボコられるよりはいいのかもしれないけど。

 

結果勝ててこのチームの形が見えてきたのはよかった。でも本番まであと1週間しかないんだよね。

 

乾と香川はいいコンビなんだろうけど、本番ではもっとタイトな厳しい守備をしてくる事も予想されるので、パラグアイと同じようにはいかない時もあるだろうし、そうなったときにどういうサッカーをするのかは見ていきたい。

 

 

試合後には若干デジャブ感があった。

 

ザック時代の親善試合では調子良いんだけ、本番では全然ダメっていうあれです。

 

そうならないといいなと思う。